FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロポックル・よめ、妖怪好きをさかのぼること。

どーも、コロポックル・よめですmoblog_5b4262a7.gif

京の都では寒椿が咲きほころんではいるが、ワシは寒いのでまだまだコタツの中で過ごす日々である今日この頃皆様はどうお過ごしだろうか?

前回の記事で日本昔ばなしの魅力を、お話を通して語ってみた。
まだまだ紹介したいお話はたくさんあるが、あれもこれもとなると何か月かかるかわからないので折をみてポツラポツラと語ることにする。

前回の記事でも書いたが、ワシの妖怪好きの原点は日本昔ばなしにあると言っても過言ではない。(今日は妖怪は妖怪、人間は人間ということにします)
近い過去からさかのぼってワシの妖怪好きがどこから来たのかを探るとしよう。
(注:ワシの趣味の範囲なので、スルーオッケー!レッツらゴー♪)

妖怪好きと一括りにしてしまってはいるが、ワシは不思議なもの・不可思議な物事・陰陽師・物の怪・怪談・心霊もの・妖怪等々が大好きである。
その辺りから神社仏閣が好きになっている事にも通じている。

ワシは霊感ゼロでありもの凄く怖がりなくせにして、怖いもの見たさだけでは納まらないほどそんなお話に興味があるのだ。
どれほど怖がりかというと、夜にどこかでカタと音が鳴るだけで心臓がドキドキしてアワアワと目が泳いでしまうほどだmoblog_7c107a75.gif(アホやね~)

さて、近い過去からさかのぼると神社仏閣に興味を持ち始めたのが高校生あたりである。
更に神社仏閣に興味を持ち始めたのは、陰陽師・安倍晴明さまがきっかけであるmoblog_d6bd9fc1.gif

陰陽師に興味を持ったのは小学生高学年・中学生であり、当時秋田書店プリンセスコミックスで連載されていた「王都妖奇譚」の主人公の安倍晴明さまが美しかったからハマりにハマった。
それから夢枕獏先生「陰陽師」にもハマっていくことになる・・・moblog_1cb2db86.gif

更に思い出してみると、小学生低学年時代には「ゲゲゲの鬼太郎」にハマっていたことを思い出した。
同じ頃だろうか、お昼にやっていたみのもんたさんの「思いっきりテレビ」で夏休み特集である「あなたの知らない世界」を怖がりながらもテレビに齧りついて観ていたことも思い出す。
その頃にはすでに怖いもの見たさが始まっている事がわかる。

更に更に思い出してみると、不思議な話・怖い話を見聞きしている自分というのは・・・。
そう、「まんが日本昔ばなし」なのである。
怖いけど、まんが日本昔ばなしはどこかユニークでユーモラスがあり、笑えたりホロリと泣けたり温かかったり、悲しい話でもコミカルにしていたりと子供のワシには面白かったし観て分かりやすかった。

一番子供心に惹かれたのは、河童や鬼やタヌキや座敷童などのモノが人間と仲良くなっている話である。
だから、ワシはそんな話のように妖怪や不可思議なモノたちと仲良くしてお友達になれるのではないかと思っているのである。
恐がりなくせに、そんな事を願ってしまうのだ(相当のアホだな・・・moblog_ae536fa2.gif

長くなってしまったが最後に。

以前働いていた職場の同僚に、強い霊感のある後輩がいた。
他人のオーラが視えたり、心霊ものがはっきりと視えてしまう子であった。
その子は琉球王朝の学校に通っていたことがあったのだが、その時の話をしてくれた。

後輩:「よめさん、私、琉球にいた頃キジムナーを観たことがあるんですよ」
ワシ:「ええ~!?マジで!?どんなんだった!?」
後輩:「確かに丸かったんですよ・・・でも・・・結構大きかったです」


と言って、後輩は両手を40㎝から50㎝ぐらい広げて球体をジェスチャーで表わした。

そうか・・・キジムナーは意外に大きいんだ・・・

そんな心和む話をしてくれたのだった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キジムナーは、心が清らかじゃないと見えないそうな。。。その方は、いい経験をされたのですね(>_<)羨ましい!!!

私が大学に通っていたとき、ゼミの教授が言っていたのですが、「私(教授)の小さい頃には、キジムナーを呼ぶまじないがあった」そうです!忘れたらしいのが残念です…(T_T)

こんにちは♪

「陰陽師」は岡野玲子さんのマンガで読んだ口です^^
「王都妖奇譚」は未読ですが、人気高いですよね♪
平安京に住めるなんて最高じゃないですか(笑)

ちなみに水木しげる先生のマンガ、
恥ずかしくて人にいえないくらいいっぱい持ってます^^
妖怪の世界、大好きです☆

No title

コロポックル嫁さんの妖怪好きには、長い歴史があるんですねぇ
ごめん
わたし、日本昔話と、あなたの知らない世界と、ゲゲゲの鬼太郎しか
わからなかった・・・^^;
怖いけど観てしまうんだよね~

おっと!きょうコメントしたのは
報告が遅くなったけど「三人のゴースト」観ましたよ~
テンポがよくて、最後まで目が離せなかった!
妖精に頭をガツンガツンなぐられながら現在をみつめるシーンは、笑えた!
あれ?もう改心しちゃったの?っていうくらい、あっけなかったけど
楽しませてもらいました!ありがとう^^/

kobito66さま。

なんですか@@!?
そのキジムナーを呼ぶまじないとは!?
楽しそうな様な、ちょっと怖いような・・・。
しかし、知らなかった新たな知識をゲットできました☆
ありがとうございました^0^/

パン様。

岡野玲子さんの「陰陽師」も夢枕先生の世界を
はるかに超えて、美しく艶めかしく怪しい世界で
独特な雰囲気を醸し出していますよね~^^
岡野先生が描く博雅様が大好きです☆
憧れの京の都に住んだのは良いのですが、
住んでしまうと生活の場になり、特別感が薄れてしまいます(><)

水木先生の鬼太郎漫画は「墓場の鬼太郎」など
読んでいるのでしょうね♪
「墓場の鬼太郎」私はまだ読んだことありません(><)
妖怪の世界、私も大好きです^0^/

kurimikiさま。

いえいえ、日本昔ばなしとあなたの知らない世界と
ゲゲゲの鬼太郎を観ているだけで中々の不思議好き(?)ですよ~^^
つい観てしまうんですよね~^^;

「三人のゴースト」観ていただけましたか!?
嬉しいです♪
そうそう、妖精に頭を殴られ放題で笑えますよねi-278
あの可笑しさを共有できて本当に嬉しい!!
「ハ~レルヤ♪」(だったかな?)のBGMと共に「生きているぞ!」
と、元気に改心した時は私も「改心、早!!」って思いました(笑)

映画の感想も含め、コメントありがとうございました!!

(ΦωΦ)フフフ…

よめさまこんばんは♪

きました~!晴明さま~♪(狂喜乱舞)
同じく晴明さまの影響で、平安モノに足を突っ込みました^^;
モチロン陰陽師やら陰陽道やら、とにかく平安モノには目がなかったクチかもです(◕∀◕)

「王都妖奇譚」は知らないけど、アタシも漫画から入りましたね~^^
「美麗」は必須…v(*'-^*)

っと…
ついつい熱くなってしまった…(^^ゞ
「晴明さま」となると反応してしまう習性ですんませんっ(;´Д`)

そして、よめさまの神社仏閣好きの由来が、
アタシと同じだったコトがかなり嬉しいマイでした(ё∀ё)ウヒッ

舞さま。

舞さま、こんばんはー!

我らが晴明さまネタがやっとやってまいりましたよ!!
本当に今度じっくりと晴明さまネタで盛り上がってみたいものです^^
舞さまも漫画から入ったのですね^^
私は「美麗」が分からずです・・・i-238

しかし、神社仏閣好きの由来までも同じでしたか♪
嬉しオスナ~♪(京都弁を使ってみる)
神社仏閣ネタでも盛り上がってみたいですねi-236
コメントありがとうございました!
プロフィール

コロポックル・よめ

Author:コロポックル・よめ
北海道出身の道産子です!
思ってもいなかった縁により、沖縄出身のウチナーと結婚!ウチナーが現在活動している京都に住むことになり三年目に突入しました!!
日々の中のいろんな出来事を面白おかしく伝えられたらと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。