FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロポックル・よめと祇園祭の歴史。

どーも、コロポックル・よめですmoblog_5b4262a7.gif

今日も祇園囃子が流れている

P7152626_convert_20120715203526.jpg   P7152623_convert_20120715203745.jpg

今日は屋台の規模が増えていて、烏丸通にもたくさんの夜店が出ていた。

さて、↓は八坂神社の境内にある舞殿。その中に三基の神輿が鎮座している。

P7152616_convert_20120715204844.jpg

祇園祭とは八坂神社の祭礼である。

起こりは平安時代の貞観21年(869)、都を中心に全国的に疫病が流行した。
これは牛頭天皇(疫病を司る神)の祟りであると言われ、これに対して長さ二丈のの鉾六十六本を立てるとともに、都の男児や農民が神輿を担いで神泉苑に出向き、疫病退散の神事を行ったことが始まりとされている。
牛頭天皇は、我が国の荒ぶる素戔嗚尊と習合し、八坂神社の祭神として祀られるようになった。

疫病退散の神事も、屋台が出ると食の神事と化している。

P7152624_convert_20120715212550.jpg

でも考えてみれば食べ物が豊富にあり、たくさん食べて妖怪(人間)が元気であれば病は退散してしまうのではないか?
ある意味疫病退散である。
豊かな日の国であることに感謝したい。

ワシもビールを片手に、たい焼き、キーマカレー、から揚げ、ステーキ丼、キュウリ漬け等々美味しくいただいたmoblog_1cb2db86.gif
ほんとにありがたや、ありがたやであるmoblog_1616961f.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コロポックル・よめ

Author:コロポックル・よめ
北海道出身の道産子です!
思ってもいなかった縁により、沖縄出身のウチナーと結婚!ウチナーが現在活動している京都に住むことになり三年目に突入しました!!
日々の中のいろんな出来事を面白おかしく伝えられたらと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。