FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロポックル・よめと続妖怪電車。

どーも、コロポックル・よめですmoblog_5b4262a7.gif

以前、こんなテレビを見た。
爆笑、大日本アカン警察で「子供達の前に妖怪が現れたらどうなる?」というテーマで人間の子供を特殊メイクをつけた大人の妖怪に合わせるというのをやっていた。
荒俣宏先生監修

特殊メイク(担当は妖怪大戦争で特殊メイクを手掛けられた方)で一つ目小僧を作り、それを装着した大人が子供たちと会うのだが、初めは雨降る外で遠くから一つ目小僧を見かけさせる。
この時、大人たち(荒俣先生他)と一緒に子供たちはいるわけだが、次はどこかの旅館(だったかな?)で怖い話を聞かせた後(だったかな?)子供たちだけにさせ、そこに一つ目小僧を投入

一つ目小僧の顔がリアルで、登場の仕方も障子に映る影を見せたりガラスにバン!と引っ付いたりと怖い。

子供たちは怖がって目を瞑ったり、机に突っ伏す形で顔を伏せる。
その中でリーダー的存在の女の子が勇気をもって、一つ目小僧を部屋に招き入れる。
初めは皆怖がっていたが、握手(だったかな?)を恐る恐るしていくと次第に打ち解けていく。
最後にはスイカとか一緒に食べていたような・・・。

子供って素晴らしいと思った一面であった

さて、何故上記の話をしたかというと昨日の記事の続きで妖怪電車の話をしたいのだが、電車内でも同じような事が起こったからである。

電車内を練り歩く恐ろしい鬼たちを見て、泣いて親の後ろに隠れていた子供たち。
鬼たちも子供たちを驚かすように両手で襲いかかる仕草をする。
鬼と子供に挟まれた親たちは、「大丈夫だよ」と。
「大丈夫じゃない!」と泣く我が子に、親たちは「握手してごらん。大丈夫だから」

親たちは子供の強張る手を取って、首を何度も傾げる鬼たちの目の前に持っていく。
子供を驚かすようにしていた鬼はぱっと小さな手を取って、何度か上下に揺らした。
そして手を放し、子供の顔を首を傾げながら見るとその場を去っていく。
それから別の鬼が来ると、子供たちは怖がりながらも親の前に立ち進んで鬼の手を取るようになる。

妖怪と友達になる人間の話があるのはこういう所があるからなのだろうなと思うmoblog_f276d406.gif


ちょっとブレていてわかりずらいが、下の写真が物語る。

P8252738_convert_20120827110718.jpg

う~ん、分かりずらいなぁ・・・。
真ん中に二人の握手した手がある。
向かって左が白い髪の鬼。右下に小さな女の子が鬼を見上げている形である。
この女の子、ワシの隣でギャンギャン泣いていた子だった。
癒されるわ・・・

記事が長くなってしまっているが、最後はワシが撮った写真の鬼たちにワシなりの言葉を添えて載せようと思う。


ガタンゴトン。ガタンゴトン。←電車の音♪
ガタンゴトン。ガタンゴトン・・・。

P8252727_convert_20120827112411.jpg

「おや、だんな。もう降りるだか?」
P8252731_convert_20120827112442.jpg

ガタンゴトン。ガタンゴトン・・・。
『誰か乗って来るべか・・・』
ウトウト・・・
moblog_64fa0396.gif
P8252726_convert_20120827112539.jpg

『ハッ!うたた寝しておったらいつの間にか横に人間が座っておったわ。
反対にいた娘さんは降りてしまったのか・・・
可愛くてエエ子じゃったのに・・・』

P8252725_convert_20120827112334.jpg

『なんと!隣に乗った人間は酔っ払いじゃったか!!
しかも肩に腕を回してきよった・・・仕方がねえ・・・
娘さん、笑って見てねえで助けてくれねーべか・・・』

P8252732_convert_20120827112612.jpg

「なぐごは(泣く子は)いねーが!?」「いねーが!?んん!?」P8252736_convert_20120827112633.jpg        P8252719_convert_20120826160331.jpg

「あいづ(アイツ)張り切って、練習しとるな~
まだ秋田さ着かねぇのによ~
少し休んだらいいべさ
こったら沢山人間おったら恥ずかしいべよ」

P8252734_convert_20120827112508.jpg

「私もそう思います」
P8252694_convert_20120827123645.jpg

以上、小劇場終わり。

嵐電妖怪電車←もう終わってしまったイベントですが、興味があればどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よめさま、こんにちはー♪

なんとも楽しそうな企画!!
こういうのすっごく。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

最近の子どもって、冷めた子が多いな…と、
特に仕事場なんぞで思うこと多し…だったけど、
素朴で素直な子だな~と微笑ましく思いました~❤(●^o^●)❤

そして小劇場。
めちゃおもろかったです~(◕∀◕)
(東北弁さすがや…(ё∀ё))

No title

コロポさん、こんにちわ!

妖怪電車楽しそうですね。
一度、乗ってみたいです。

だんなさんは妖怪にならなかったんですか~?

No title

舞さま。

いらっしゃいませ~♪
楽しかったです~!
子供はやはり素朴なんだな~と改めて思いましたよ^^

小劇場、舞さまのハートを掴んだでしょうか!?
それならばとても嬉しい限りですe-446

No title

ぱあしいさま。

ぱあしいさまも是非来年妖怪電車に乗ってください!!
楽しいですよ!!
情報本当にありがとうございました^0^

だんなですが、化粧道具で顔に何か書くか尋ねたら「ヤダヤダ!!」と、思いっきり断られてしまいました^^;
来年は目玉シールを貼ってあげようと思います。

No title

うーん、子供の心がトラウマにならねばよいのですがね。
なぁんて、今の子供はそんなに弱くないか!!

No title

たっつんさま。

確かに、トラウマになったらそれは辛いですね^^;
しかし、ここは強く生きてもらいましょう!!
大人になればなるほど、妖怪よりもっと怖いことがあるかもしれませんから(笑)

No title

子供の適応力に脱帽!

やっぱり楽しそうですね(>_<)♪
そして、写真に添えられたセリフがナイスです(笑)笑いをこらえるの大変でした(笑)

沖縄でもやってくれないかなぁ。あ、だめだ…沖縄にはヒーローのマブヤーがいるから、マジムン倒されちゃう…(T_T)

面白い!!
画像とともに楽しい劇場楽しませていただきました(  ̄▽ ̄)

鬼ちょいと怖いですがww

No title

kobito66 さま。

やはり沖縄のヒ-ローはマブヤーですね!!
沖縄に行ったとき、初めてマブヤーを見て〝ここにもヒーローがいたんだ″という驚きがありました♪
ウルトラマンやなんたらレンジャーだけじゃないのね~って^^

No title

空玖さま。

私は優しくて善い(?)鬼は大好きなので、ついこんなふうにしてしまいます^^V
なまはげは好きー!
でもあれが本当にいたら怖ーいけど^^;

No title

そうなんですよ!マブヤーなんです(^^)
でも、私のおすすめは、マジムン軍団のクーバー1・2号♪クーバーは蜘蛛って意味です(>_<)つまり、蜘蛛の妖怪なんですが可愛いですよ!

No title

kobito66さま。

クーバーというキャラクターがいるんですね~^^
それは知りませんでした!
さすが地元でございますね^^/

蜘蛛は大嫌いだけど、クーバーは好きになれそうです!!

No title

ぜひ、一度クーバーを見てみてください(>_<)♪

No title

kobito66 さま。

クーバーをネットで見てみました。
うん。
蜘蛛ではあるけど模様とか、特に目の白い部分は可愛いと思いました^^
プロフィール

コロポックル・よめ

Author:コロポックル・よめ
北海道出身の道産子です!
思ってもいなかった縁により、沖縄出身のウチナーと結婚!ウチナーが現在活動している京都に住むことになり三年目に突入しました!!
日々の中のいろんな出来事を面白おかしく伝えられたらと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。